お知らせ

カトリック豊島教会 > お知らせ > 豊島教会ご案内

豊島教会ご案内

 

 以下のリンクからPDFでパンフレットをご覧いただけます。

 

 豊島教会パンフレット 

 

     

                         

                                                     

 

 

 

                                 

               

       

      

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 〒171-0051

 東京都豊島区長崎1-28-22

        TEL 03-3957-2540

        FAX 03-3957-2081

        http://catholic-toshima.jp/                                        

 

                         

                       

 

豊島教会は、1948年、聖コロンバン会の宣教師によって創立され、1956年6月に現在の聖堂が献堂されました。聖堂正面にはめ込まれたステンドグラスの聖人『聖パトリック』は、豊島教会の保護の聖人です。2003年4月より、教会の主任司祭は、聖コロンバン会の宣教師から教区司祭に移り、現在に至っています。

                                  

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アイルランドの国の保護聖人。389年にスコットランドに生まれ461年帰天。ローマ教皇からアイルランドへの宣教許可を与えられる。祝日は3月17日で、国際的に祝われ、当教会でも保護聖人である聖パトリックをお祝いします。

 聖パトリックが掲げる小さな三つ葉のシャムロックは、三位一体の象徴として伝えられています。

  このご像はアイルランド大使より寄贈されたものです

 

 

 

 

          

 

 

       

  教会」はギリシャ語の「エクレシア」の訳で、本来「呼び集められた人々」「集会」の意味をもつ言葉です。イエス・キリストは、神を「アッバ」(お父さん)と呼んでいます。教会は神は父であり、父としての愛で、すべての人間を包んでいることを信じる人々の共同体です。

 

  

   主任司祭  

     田中隆弘神父

 

 

 

 

 

ミサとはカトリック教会の中心的な祈りの集いです。信徒でない方も参加することができます。所要時間は日曜日約1時間、平日約30分です。

                 日曜日      7:00 (小聖堂)

                                  9:30 (主聖堂)

                                12:00 (英語によるミサ)

                 月~土曜日  7:30 (小聖堂) 

      豊島教会では1989年1月より英語ミサが毎日曜日に捧げられるようになりました。

                            現在、10数カ国の人たちが集っています。

                         英語ミサ 協力司祭 

                         イエズス会  ジョン・ジョセフ神父

 

 

小聖堂

 

 

                                            

 

 

豊島教会の聖堂 設計はアントニン・レーモンドによるものです。チエコ生まれのレーモンドはフランク・ロイド・ライトの弟子として1919年に来日し、帝国ホテルの設計に協力し、独立後、日本国内に多くの名建築を残したことで知られています。豊島教会の建築の特徴は、コンクリート打ち放し、折れ板壁構造で、光を採り入れるステンドグラス、広い曲線を描く庇などが、うまく調和しています。聖堂のベンチ、建具、ドアノブ等は、ノエミ婦人によるデザインで作られたとのことです

 

 

      

 

  アントニン・レーモンド ( 1888-1976)

  ノエミ・レーモンド (1889-1980) 夫妻

 

                                                                                   

 

 

 

  舟越保武は1912年に岩手県に生まれ、ロダンに憧れて彫刻家を志しました。大理石や砂岩などの石による清楚な女性像で知られていますが、1950年以降は自らのカトリック信仰に裏付けられた宗教的主題の作品で独自のスタイルを確立しました。長崎市に設置された《長崎26殉教者記念像》は、戦後日本の彫刻を代表する作品の一つといえるでしょう。 豊島教会のマリア像は1959年に聖堂に建立されました。         

 

舟越保武 作

(1912-2002)

 

 

          

 

 

✚聖書勉強クラス                                         

  毎週木曜日 9時30分から信徒ホール2階ルカ室にて信者、未信者に関らず受講できます。     

    

   

           ✚入門講座

   洗礼志願者のための講座です。ご希望の方は日時を相談の上、個別に行いますので田中神父までお申し出ください。

 

 

 

 

✚ 固定祝日

     1月1日 神の母聖マリア            

    8月15日   聖母被昇天     

   11月2日 死者の日

  12月25日 主の降誕

 

 ✚移動祝日

   4月  復活祭

   6月  初聖体

   12月  聖家族

 

 

 

 

  

 

 

 

 

 

 

 

  

 

   クリスマスの馬屋

 

 

 

                   

 

 

 

 

 

1949年10月、聖コロンバン会によって開設され、保育実務は幼児教育に長い伝統と優れた実績をもつ 「ショファイユの幼きイエズス修道会」 のシスターによって担当され今日に至っています。1967年3月に園舎を新築、1984年4月に宗教法人聖コロンバン会から宗教法人カトリック東京大司教区に設置者が変更されました。

 

 

  幼稚園 園舎

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

    電車・西武池袋線「椎名町駅北口」 徒歩5分

          ・東京メトロ有楽町線「要町駅」

             ④番出口 徒歩5分

    バス・池袋西口バスターミナルより                                                                      

    池11 中野駅行き 池袋車庫行き

    「池袋車庫」「椎名町北口」 下車徒歩3分