豊島教会新聞 2018年6月号 主任司祭 巻頭言 | カトリック豊島教会
お知らせ

カトリック豊島教会 > お知らせ > 豊島教会新聞 2018年6月号 主任司祭 巻頭言

豊島教会新聞 2018年6月号 主任司祭 巻頭言

 

『 登録番号 051-0180 』                           

                                      

                         主任司祭 アシジの聖フランシスコ 田中 隆弘

 

  豊島教会に移動してきて、ほっとしたことは前任の神田教会での「結婚式」から解放されたことです。 神田教会は

 全国のカトリック教会の中でベスト10に入る結婚式数がありました。年間70組前後ぐらいだったでしょうか。

 

 カトリック教会の聖堂で結婚式をするためには全世界共通に「結婚講座」が義務づけられて、神田教会では毎週水曜日午後7時からその講座があり4コマのものでした。この曜日に来られないカップルは四谷ののイグナチオ教会あるいは関口のカテドラル教会等での「結婚講座」で受講して修了書を提出してもらっていました。

 

 ですから、年70組の結婚式プラス毎週水曜日午後7時からの結婚講座から解放されたので、「ほっと」した訳です。

しかし、なかには仕事上あるいは結婚相手が地方、海外の方はそのような「結婚講座」受講はむずかしい方々もいます。そんな方々のために通信の「結婚講座」があります。 

 わたしたちが現在日曜日の主日ミサで使用している「聖書と典礼」を発行しているオリエンス宗教研究所が日本ではその「通信講座」を受けもち、修了書を発行してくれています。

 

 わたしは神田教会で結婚講座をはじめるにあたり、そのオリエンスの通信の結婚講座の内容が気になり、そのテキストをとりよせました。すると 「登録番号051-0180」 という受講番号付きでおくられてきました。

「エー‼受講するの?」 「エー‼結婚していいの‼」と思いました。

 

 さて、このオリエンスの結婚講座のタイトルは 「幸せな結婚」 とありました。 神田においても、またどこの結婚講座でも、目指すのは二人の 「幸せな結婚」 です。 

 そして、考えてみるとキリスト者としてのわたしたちも目指すのは 「幸せな信仰」 生活です。 また、わたしたちはそれぞれ洗礼を受けた受洗教会があり、それぞれ個別の洗礼台帳番号があります。